Junjun's Gottalog
時代劇と歌舞伎以外の古い書き物をなんでも

空想音楽堂の原稿から「『いねむり紋蔵』 サウンドトラックレビュー」

4月 24th, 1999

「空想音楽堂かわら版」は、1999年4月18日から2000年3月25日まで配信されていたメールマガジンです。
そのときの原稿です。 Vol.002(1999/5/2発行)用。
公開日時(1999/4/24)は、この原稿を提出したメールの日付です。(2010/11/14 junjun)


============ひとこと説明
1998年4月から9月までNHKで金曜時代劇として放映された「物書同心いねむり紋
蔵」のサウンドトラック。

============本文
主題歌は、河島英五の「元気だしてゆこう」だが、本CDには歌もアレンジ曲も
含まれていない。つまり倉本裕基オリジナルの劇伴でまるまる構成されているCD。
各曲の解説も倉本裕基本人。

木管とストリングスが中心で、それに、やわらかな音色のフレンチホルンやピ
アノが加わる。ゆったりとした、やさしい音楽である。
最近、時代劇の世界では、こういう雰囲気の音楽がはやっているんじゃないか
と思う。『剣客商売』や『新・御宿かわせみ』がそうだ。ことさらに日本的でも
なく、悪をやっつける勇ましい音楽でもない。土の上にやわらかに降りそそぐ陽
光、といった雰囲気の音楽。実際、時代劇全体の方向が、正義の味方を描いたも
のから、江戸庶民の生活を描いたものへと移りつつある。音楽もまたそれにあわ
せて変わっているのだろう。

解説で「江戸のテーマ」と呼ばれている主題は、すこし民族的で田園風景を連
想させる。「花のお江戸の賑わい」という曲では、このテーマを、「たたった、
たたった」という馬の歩みのようなリズムに乗せている。「江戸」という題名に
反して、なぜか、水車のあるような田舎を歩いている気分になる。
「桜吹雪く情景」はきらきらとちりばめられたピアノが、舞い降りる雪のよう
だ。こちらは、現代劇に流しても何の違和感もない、透明な印象。
スペースの都合で、ごく一部の曲しか紹介できないのだが、全体としては日本
の春。あるいは、四季がめぐってまた春がやってくる、そんなあたたかな印象を
残すCDである。
(junjun)

============データ
『物書同心 いねむり紋蔵』(1998)
音楽:倉本裕基

Original Soundtrack
【NHK金曜時代劇 物書同心 いねむり紋蔵】CD:TY:TYCY-5618
(東芝EMI  TYCY-5618 2,548円(本体 2,427円)(制作:ユーメックス))

主題歌
「元気だしてゆこう」(『物書同心 いねむり紋蔵』OP)
作詞・作曲・歌:河島英五

【元気だしてゆこう】SCD:SM:SRDL-4508
(シングルCD ソニーミュージック・エンタテイメント SRDL-4508 1,020円)

宮内洋のやぐら (Junjun’s Memorial Park から)

6月 4th, 1998

1998年頃に古いサイトで書いたものです。 こういう遊びが好きです。リンクなどは当時のものです。(2010/11/14 junjun)


宮内洋のやぐら


宮内チャンネル全日無料放映

本コンテンツはここへの勝手に協賛企画です。

番組表

ご注意:このコンテンツはフィクションです。実際にはこんなテレビはないからね。


あさ


5:00 はやおきカラテ教室 講師:風見志郎 ゲスト:せがた三四郎
6:00 [N]
7:30 仮面ライダーV3[再]
8:00 けろりんぱ
9:00 旅はみちづれ
  新命明思い出のみちのく路を飛ぶ
10:00 暴れん坊将軍[再]
  松平健
11:00 [N]
11:45 お昼のヒーローTV
  後楽園イベント中継ほか


ひる


1:00 愛の劇場 父よ母よ妹よ
  風見志郎、珠純子ほか
1:15 お手軽クッキング
  「ザリガーナのフライイタリア風」
1:30 洋の部屋
  「地球の服装がお気に入り・アラン」
2:00 テレビショッピング
  手袋収納付き上着/本物そっくりブルーチェリー
3:00 怒れ!正義のワイドショー
  父を捜して!鉄仮面の少女/たわし健康法
  ダッカー残党があなたの町にも!? ほか
4:00 キーハンター[再]
5:00 ゴレンジャー[再]
5:30 魔法のズバットちゃん
  「スターは大変」


よる


6:00 [N]
  正木本部長に聞く ほか
6:30 (新)変幻魔神ガラリン
  「100枚のおふだ」
7:00 早川健に挑戦
  天才靴磨き少年登場。出るか100万円。
8:00 怪傑!頭馬党丸
  「奪われた愛馬!」

よい子は寝る時間です。おやすみなさい。

8:55 [天]/今日のGメン2001
9:00 Gメン2001
  「Gメン対香港のカラテ偽ブランド商」 9:55 世界のヒーローたち
10:00 ニューススタジオTEN
11:30 超人BIG1
12:00 演歌の地平線


みどころ
「洋の部屋」ひる1:30
来日している宇宙刑事アランさんに、日本の印象などを聞く。
アランさんは西部劇のテンガロンハットがお気に入りで、わざわざ地球に着く前に作っておいたのだが、地球ではだれもかぶっていなくてがっかりしたという。しかし日本のヒーローがかぶっているのを見てヒーローの象徴として生き続けるテンガロンハットに感動したと話す。

「Gメン2001」よる9:00
大量に見つかった偽ブランド品の出所を確かめるため香港に向かった島谷だが、とつぜん大男に襲われる。

【試写室】
<新番組> 「変幻魔神ガラリン」よる6:30
大きな地震の次の日、小学5年生の洋が遊び場の空き地に入っていくと、そこには大きな穴があいていた。
穴の中には壁画があり様々な服装の人物が描かれていた。洋がおそるおそる触れると、虹色の竜巻が起こり、壁画は消えてしまう。その夜夢の中に王女ガランダと名乗る少女が現れ、魔神ガラリンの百変化の姿が町中に散らばってしまったという。彼はいいことでも悪いことでも頼まれれば引き受けてしまうため悪事の道具に使われることのないよう神官によって封印されていたのだ。そして、再び魔神を封じることの出来るのは封印をといた洋だけだという。洋は100枚のおふだを持って魔神を捜しに出かける。
一方どこかにいる本当の主人を探すためにあの手この手で町の人にアピールする魔神だが、強い願望を持った人にしか彼の姿は見えないので、だれも見つけてくれず途方に暮れる。そこに声をかけてきたのは市会議員だった。彼の夢は市長になることだった。


今日も宮内チャンネルをご覧いただきありがとうございました。
本日の放送を終わらせていただきます。 火の元に注意してお休みください。


語るミヤウチ

私が最初にウェブページを作ろうとしたとき、宮内洋、は当然(?)メインコンテンツ候補に入っていたが、もはや、毎日、新聞をひっくり返して出演作をチェックしたり、毎週ちゃんとテレビを見たり、次の月の演劇界(雑誌である)を見て、くーーぅっ、こんな舞台にも出ていたかー、と悔しがったりするライフスタイルを実行するには体力なさ過ぎ、だったのでやめておいた。
でも、未練があったので、なにか企画ができんかなと考えたのが、 宮内洋の過去のインタビューに、どのネタがどんな頻度で登場するかの統計、である。
ネタ、と書いた。彼はその履歴がら、昭和40-50年代の特撮ヒーローを演じていた頃のことをインタビューされることが多い。その筋では伝説的な存在なので、何回も同じようなインタビューを受ける。彼はそれに快く応じる。かわりばえのしない質問をする方もする方だが、答える宮内師匠がまた同じことを同じように話す。
「当時気をつけていたことはなんですか?」
「横断歩道を渡る。立ちションはしない。タバコはロケバスの中でしゃがんで吸う」
これは、彼のインタビューで高頻度に登場する話題である。いわば、彼の持ちネタなのだ。はじめて読むものは、へええ、と思い、昔から知っているものは、おお相変わらずの宮内節だぜ、と思うフレーズである。
彼のインタビューも、なんか、だんだん芸のうち、になってきた感がありお馴染みのネタを無難にまとめる一方で、「ヒーローに家庭はない!」とかとんでもねーことを言って楽しませてくれている。だが、知られざる秘話、を聞きたいのも人情。
そこで、彼の語ってきたことリストを作っておいて、それを見たインタビュアーがこれに類しない質問をしてくれたら、もっと我々の知らないことがわかるじゃないか。
今まで、どこでどんなことをしゃべってきたかもわかって、新しいファンにもうれしいし一石二鳥だぜ、というのが、私の頭でくすぶっている企画なのだ。
残念ながら、今、時代劇サイトの運営で手一杯なので、実現にはいたっていない。
これを見た人で、その企画もらった、という人がいたら連絡を頂戴。喜んでさしあげます。条件は特にないけどWWW上で見られるようにしてアドレスを教えてくれればおっけー。
あんまり誰もいなかったらやっぱし自分でやるー、といいだすかもしれませんが。


Last modified: Thu Jun 4 17:07:06 1998

ネットニュースひろいよみ(1998年の記事から)

3月 12th, 1998

1998年当時に書いていた文章です。リンクなどは全てその当時の情報です。ご了承ください。(2010/11/14 junjun)


ほとんど食べ物とテレビのことしか読んでません。

fjから

などと書いておくと、「fjというのは from Japan のことであるから、 From from Japan となっておかしい」といったフォローが来るのが fj というところである。
→よそのページ
KISHI-fj Homepage
で fj について知る。
ネットニュースは面白いです。適切なニューズグループを選択して話題を持ち出せば、その情報収集力はときとしてWebサイトをしのぐと思う。でも世間話のつもりでいきなり参加すると、不幸な目に遭うこともあるし、人に迷惑をかけることもある。予備知識は仕入れておきましょう。

流儀 (fj.rec.food)

要するに、どうやって食うか。fj.rec.food において、ときどき沸いてはさーっと消えていく話題。
読んで日の浅い人は、これなら参加できると飛びついてしまうらしく、めいめいが自分の流儀を語るだけ語って終わる。だれも、それをまとめて保存したりしないので、ほとぼりが冷めた頃、また不死鳥のようによみがえる。大学に入りたての頃、居酒屋でこういう話題になると妙に盛り上がったのを思い出す。ノリは同じだ。
しかし、ネットニュースだと、知らない人が言いたいことを言って帰っていったようになってちょっと空虚。こういう話はやっぱり、顔の見える席で話題に困ったときに持ち出す方が有益、という気もする。

納豆

なんでかわかんないけど、納豆をどうやって食べるかという話題はよく出ます。
納豆チャーハンはおいしいらしい。

目玉焼き

何かけて食べるか。
わたしは、どうやって焼くかのほうが知りたい。
目玉焼きを焼くのは下手だ。

雑煮

季節ネタ。ただしこの話題を出したくなったら fj.life.hometown へ行った方がよろしい。

貝の味噌汁

これはヒット。味噌汁の中の貝の身を食うか食わないかという。
一瞬(2日)のうちに20個くらいのフォローがついた。
結果は、全員「食う」。
出しがらだから食うもんではない、という意見を知っていても食べる。
みんな、好きなんだけど身がとれないから苦労したり、お行儀を気にする席では食べないで我慢したりしているよう。
わたし?当然食べます。

大量にもらってしまいました(fj.rec.food)

「小豆を大量にもらってしまいました。」「いらないならください。」
あまり縁のないものをもらってしまい、どう調理していいか分からなくて、fj.rec.food にかけ込む人は結構いる。
くれた人に聞いたらどうかと思うんだけど、「○○と○○と○○は試したのですが、まだ大量に余っています。」という人も。
ネットニュースって、即時に答えが返ってくるような性格のものではないので、待ってるうちに悪くならないだろうか、と読んでいる方が気をもんでしまう。

飲み物(fj.rec.drink)

まずい飲み物

こんな不味いモノがあったなんて、と3ヶ月に1回くらいは「メッコール」が登場。こういうのって、気づくと書きたくなってしまうのね。きっと。
ほかに常連は、タヒボ、すいかソーダなど。
もうないけどサスケ、維力も語り継がれている。
結構ファンがいるのは、Dr.ペッパー、ルートビア。Dr.ペッパーどこかで売ってませんか、という声はときどき見る。
まずいものじゃないけど、「カルピコってありましたよね。」「海外ではカルピスをその名前で売ってる」「カルピスは、英語ではカウピスと聞こえてうんぬんかんぬん」「日本では炭酸入りで売っていた」という一連の話もときどきもちあがる。
毎回同じ展開をするのが不思議。

おいしい飲み物(酒とワイン以外)

おいしい飲み物の話題はコーヒーか紅茶が多い。
「おいしい紅茶を飲ませる店を教えてください」に「うちで入れる方がおいしいですよ」と応酬されたりする。

大判焼をなんと呼ぶか(fj.life.hometown)

それまで、いろんなニューズグループで、話が脱線し、「うちの地域ではこうだった」というネタに発展してどんどん話が長くなるというようなことがあったのを、一手に引き受けることになったニューズグループが fj.life.hometown。
ここは、「うちではこうだった」が本筋なので雑煮の話がおおっぴらに出来る。
たまに、地域別にまとめられた資料が出ることがある。
斬新だったのは「やこてんマップ」。柔らかいカラーボールらしい…。
富山以外どこでもそんな名前で呼んでいないのに堂々と「やこてんマップ」というところがなんともいえない。
よく出る話題は、「どれにしようかな」「方言」「大判焼(今川焼)」。
季節ネタとして、「雪投げ」「ババへら」「雑煮」。

「うろおぼえ」に新手登場

fjをあるいていると、「うるおぼえなので」と書いて「うろおぼえでしょ」と突っ込まれている人をときどき見かけるが、今日は新しいのを見た。
「裏覚え」
漢字まで使っているのが泣かせる。なにかいってあげたいがそっとしておいた方がよいような気もする。

ルービックキューブの解き方(fj.rec.misc)

こういう、目で見なければわからなそうなものを質問する人がいるのだが、それを言葉で説明する人もいるのだからすごい。ほかに、鉛筆の回し方とか。