Junjun's Gottalog
時代劇と歌舞伎以外の古い書き物をなんでも

Archive for 12月, 2012

Active Directoryを使用していないWindows XP Professional へリモートデスクトップ接続した際に、ローカルドライブを使用できるようにする。

水曜日, 12月 19th, 2012

Active Directoryを使用していないWindows XP Professional へリモートデスクトップ接続した際に、ローカルドライブを使用できるようにする。

…ADを使ってない場合のグループポリシーエディタの開き方、ともいいます。
(1) リモート側の管理コンソールを開く。
 ※名前を指定して実行で mmc と入力

(2) ファイル>スナップインの追加と削除
(3) [追加…]
(4) スタンドアロン スナップインの追加 ダイアログで「グループポリシーオブジェクトエディタ」を選択し[追加]
(5) グループポリシーオブジェクトの選択 ダイアログで[完了]。
※グループポリシーオブジェクトの内容は「ローカルコンピュータ」のままでよい。
(6) スタンドアロン スナップインの追加 ダイアログを[閉じる]
(7) スナップインの追加と削除 ダイアログで[OK]
(8) 左ペインで、コンソールルート+コンピュータの構成+管理用テンプレート+ターミナルサービス
  と展開していき、「クライアント/サーバーデータリダイレクト」を開く。
(9) 「ドライブのリダイレクトを許可しない」を右クリックし「プロパティ」を開く。
(10) 「未構成」または「有効」となっていたら「無効」を選択する。
(11) [OK]
(12) 管理コンソールを閉じる。
(13) リモートデスクトップ接続し、マイコンピュータを開いて「○○○のC」
  のような名前でローカル側のドライブが表示されていればOK。

Aptana Studio 3 (3.2.2)をインストールし日本語化したメモ。(2012.12時点)

水曜日, 12月 19th, 2012

こちらを参考に Aptana Studio 3をインストールしたメモ。(2012.12時点)
http://meglog.net/useful-tools/aptana-studio3-zen-coding.html

(1) Aptana Studio(Standalone Version) を入手
http://www.aptana.com/products/studio3/download
 VERSION 3.2.2.201208201020 でした。
 この間ダウンロードしたばっかりなのにもう3.3が出てる。ショックなー。

(2) 普通にインストールします。
中身のパスの文字列が非常に長くなるので、短いパスにインストールしておく。
E:\Aptana3

(3)ベースのEclipseを確認する
一回Aptana Studioを立ち上げてみて、help>aboutなんとかのメニューを開く
Eclipseのアイコン(紫丸)をクリック。するとEclipseの中身の一覧が出てくるので
Versionを確認する。
Eclipse 3.7.2ベースでした。
確認したら、Aptanaは一旦終了させます。

(4)バージョンの合致したpleiadesを入手する。今回は 3.7 indigo を入手。
なお、解凍も短いパスになるようにしておきます。
http://mergedoc.sourceforge.jp/

(5)meglogさんの手順の、featuresとplugins以外に、dropins もコピーする。

(6)AptanaStudio3.ini への追記内容は、もとのpleiadesのeclipse.iniからコピーする。
  3.7の場合は以下のようになっていました。
-javaagent:dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

(7)Aptana Studio を起動します。

これで日本語さなってっちゃ。