2013年4月アーカイブ

柿葺落四月大歌舞伎 第二部 弁天娘女男白浪、忍夜恋曲者 (2013年歌舞伎座)
2013年 初日 4/2, 楽4/28

歌舞伎座柿葺落。4/12。三部制の第二部。

弁天娘女男白浪
浜松屋、稲瀬川、滑川まで。
冒頭、狼(染めの上がりを聞きにくる役)を市蔵がやっている。滑川の場があるからか?菊十郎の声がないと寂しいな。
鳶頭は幸四郎。何言ってるかわからん。あんまり怒る気もなく、低めに手ぬぐいを放って退出。もうちょっとテンションあげれ。
弁天は菊五郎、南郷は左団次。駄右衛門は吉右衛門。
左団次と吉右衛門の台詞が少し怪しい。
弁天のテンポは昔のようには早くない。しかし、時代にたっぷりやっているわけではない。あっさり、急がず、だ。
緋鹿子を混ぜるところは、出すのも、混ぜるのも、ほとんどわからないようにやっている。
男と言われても、はっと驚くだけ。「えっ」という声がない。(これは珍しい) 「なんで私を」の所は女の声。
みあらわされて、南郷と会話のあるところや、花道での坊主持ちは楽しそうにカラッと雑談している感じだ。
ふと、歌舞伎かどうかわからなくなる、テレビ時代劇みたいな、ぎりぎりの世話。
オヤジの弁天は、以前の歌舞伎座のときの、行く末を暗示させるような翳りとは違う。今を楽しんでいる感じがする。
男になってからが若い。世話なせいか、以前よりもできあがったいなせな男という雰囲気が減った。24,5のにーちゃんに見える。
あと何度おやぢの弁天が見られるんだろう。どんな風に変わるんだろう。
あ、そうそう。今回も、南郷の尻に彫り物がない。

今月は滑川の屋根のところがある。
山門は装置を見せるのに最適だ。
菊五郎の長い立ち回り自体を久々に見た。
脚が上がらないし、遅いし、これはもうたまらんなあ、と思う。
もう立ち腹だけでもいいや。
絡む三階さんが、世代交代して、やや発展途上だ。
いつもの人たちは、浜松屋でセリフをもらっている。
一方で若い子がとんぼの着地でよろめいている。辰巳なら、って思ってしまう。どうしても。

忍夜恋曲者
玉三郎の滝夜叉。松緑の光圀。
玉三郎がスッポンから上がってきて、ろうそくの面明かりで踊る。地面から浮いているかのよう。
この玉三郎と松緑が、フィルムの玉三郎にビデオの松緑を合成したみたいというか、極細の万年筆と太マジックみたいというか、質感の差が甚だしい。異世界だ。
松緑は上手になった。もう私が知っていた辰之助からずいぶんたつから当たり前なんだが、やわらかさがある。
昔、八十助(三津五郎)の踊りを見て、上手いなあって思ったような、体力と熟練との釣り合いがとれた地点にさしかかりつつあるのかと思う。
けど、眠くなっちゃった頃に、ハッ、と気合いを入れて起こしてくれるのは変わらない。(笑)
松緑の大きな目は、玉三郎を見つめ続ける。若い勇者が、老練な傾城の手管の前に、正体を見極める心と、目が離せなくなるさまと。
松緑が異世界に取り込まれてしまうのかどうか、はらはらする。
だが、滝夜叉が赤い旗を取り落とすとき、玉三郎が歌舞伎という下界におりてくる。
交わらなかった二人の世界が初めて同じ次元になる。ここからは歌舞伎。どれだけ玉さんがカブキカブキしてくれるかにおもしろさがかかっている。
最後の廃墟となった御殿と、滝夜叉と蝦蟇と光圀の錦絵のような止め絵もいい。拾いものだ。

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12